「引き出す」違いをアイデアに変える

こんにちは!

つなぐみブログです。


お陰様で(勝手に)シリーズ化をしております

オンラインファシリテーターになろう!Vol.2

~「引き出す」違いをアイデアに変えるファシリテーション~


を開催し、7名の方に参加いただきました。

お忙しい中、ご参加いただき誠に有難うございました!


(下の画像にもありますが)会議中に自分の「反対意見」が出ました。あなたは自分の意見を押し通しますか?相手の間違いを指摘しますか?


私は反対意見が出た時、心の中で「いやいやいや、違うでしょ。それは絶対違うでしょ。」と思い、反論&説得をしてきました。


当然そのまま意見は平行線となり、次の会議で「折衷案」で落ち着いたり、

「偉い方の判断」で決まったり、そんな結末が多かったです。


折衷案で決まったら、「どっちつかずのつまんねー案だなこりゃ。」と思いましたし、

「偉い方の判断」で自分の意見が却下されたものなら、「むかつくーーー!!!」ってなってました。


はい。(一旦落ち着きましょう。)


今回のワークショップでは、「自分と違う意見」が出たとき、反論&説得ではなく、アイデアに磨きをかける機会にする。


という内容になってます。


<アジェンダ>

・ファシリテーション4つのスキルの中の「2.発散」のご説明

・ワーク1: Yes and ゲームで乗っかるアイデア

・ワーク2:違いからアイデアを見出す

・ワーク3:トーキングサークルで自分の内面に目を向ける


それでは、更に詳しく見て参りましょう。


今回は、ファシリテーション4つのスキル

「1.場のデザイン」「2.発散」「3.構造化」「4.合意形成」の中の

「2.発散」の話となります。


右図は、話合いの流れだと思ってください。左から「発散」でみんなの意見をたくさん出し合い、「収束」で合理的に整理してゆく、という流れになります。(わかりにくい?)


「発散」で大事なことは、

・他者のアイデアを否定しない

・たくさん量を出す

・他者のアイデアにのっかって膨らます  です。


ここで「発散」あるあるの1つを紹介しますと


知らず知らずに「解決しよう」とする です。


「問題を出し合いましょう」と言ってるときに、

いつの間にか、「こうすればいいんじゃねーの?」とか

「その問題は前に解決したじゃん!」とか。


超あるある。


人間って、だぶん問題に触れると解決したくなっちゃうんでしょうね。

人の悩み事を聞くと、すぐアドバイスしたくなる。みないな感じで。


解決に走ると、選択肢が狭まってしまい、アイデアの膨らみはそこで終了してしまいます。

会議中に「発散中だから結論を出さない」を意識してみると、よいかも。


ここからは実際に取り組んだ3つのワークをご紹介します。アイデアを膨らませる3つの手法をご紹介します。


■ワーク1:Yes and ゲーム

Yes and ゲームは、お題に対して想像したことを次の人に伝えていくゲームです。

ルールは1つだけ。前の人のアイデアに乗っかってアイデアを出すことです。


例えば、 「理想の別荘地」がお題だとすると、


Aさん:敷地が東京ドーム1個分ある別荘地

 ↓

Bさん:テニスコートが8面あってトーナメント戦できる

 ↓

Cさん:トーナメント戦の日には、特別ゲストとして松岡修三が来てくれる など


前の人に乗っかることを繰り返すうちに、自分だけでは思いもつかない「理想の別荘地」が出てくるわけです。

参加者のみなさんには「楽しいお仕事空間」でYes and ゲームをやってみたところ、こんなアイデアになりました。


1番目:バランスボールがあるお仕事空間

2番目:バランスボールに座って美味しいコーヒーを飲む

3番目:美味しいコーヒーを水辺で飲む

4番目:水辺でロッキングチェアーに座る

5番目:日の当たる温かい場所で座る

6番目:大きい木があって木漏れ日があたる

7番目:そして小鳥のさえずりが聞こえる

8番目:仲間の働く音が聞こえてきた

9番目:仕事の音が聞こえたので、さぁ仕事に戻ろう


自分だけで考えた場合、「水辺」や「木漏れ日」、「さえずり」は

出てこないと思いました。


(まさか、最後は「さ、戻ろう」となるとは。。)


大事なことは、まずは受け入れて、乗っかって発想すること。反対意見も拒否から入らずに一旦乗っかってみる。です。



■ワーク2:違いからアイデアを見出す

2つ目のワークは「違いからアイデアを見出す」ということで、全く結びつかない2つの要素を掛け合わせて、新しいアイデアを創造するというワークです。 


実際のお題は以下です。

・「コワーキングスペース」に、最もあり得ないと思うものを下の選択肢から選ぶ。

 →選択肢 <お墓、美容室、スキー場、高級レストラン、銭湯、金物工場、インド 等>


・ 「コワーキングスペース」 と「選択したもの」を掛け合わせて、

 新しいサービスを考える。


・掛け合わせる際、 「コワーキングスペース」 と「選択したもの」には

 どんな要素があるか分解してみる。


・思いついた新しいサービスから、どんな効果や課題解決できるか考えてみる。


です。

異なる2つのものを掛け合わせて何が生まれる? というお話です。


右は、参加者の皆様が実際に考えたものをJamboardに記載いただいたものです。


解説すると

・「コワーキングスペース」に最もあり得ないものとして「お墓」を選択


・「コワーキングスペース」と「お墓」を要素に分解


・新しく生まれたサービス(水色付箋)は、

 今を生きる人と、過去の偉人からアイデアをもらえるコワーキングスペース


・生み出される効果(緑色付箋)は、過去の偉人を含めてアドバイスをもらえる結果、

 圧倒的に違う様々な視点で物事を見る事ができる。

 不確実性が高い今の課題解決につながる。


これは、とんでもないアイデアが生まれました。まさかお墓を掛け合わせることで、これまでの偉人に相談できるサービスが生まれるとは。。(特許申請レベル)


お墓を「スピリチュアル」や「ご先祖様」に分解することで生まれたわけです。

まじすごい。AIとか駆使したら、できるかも。



■ワーク3:トーキングサークル

3つ目のワークは、トーキングサークルをやりました。

輪になって一人一人が順番に話をし、他の人はただただ聴く。


ルールは、

「お互いを尊重する」、「相手の話をよく聴く」、「相手を非難しない」、

「発言しなくてもいい」です。


とてもシンプルですが、話を聞いているうちに、

自分の体験が思い起こされ振り返り考えが思いつく


これまでのワークとは異なり、静かに発散する。というものです。


実際のお題は


・あなたが「人と働く」うえで大切にしている言葉を選択( 例:希望、夢、成功、など) ・1週目で選んだ理由とエピソードを話す ・2週目で話を聞いて感じたことを話す


です。


試しに私の話を1つ紹介します。


私が「人と働く」うえで大切にしている言葉は「決断」。

人と働く中で「自分の決断」「グループやチームの決断」を大事にしてます。

ルール遵守型の私は「決めたことをやろう」がスタートラインと思っているわけです。


もともと決断することが苦手な私なのですが、

唯一自分を褒めてあげたい決断を去年しました。

それは、退職の決断です。


退職することで頭も体もすっきり。

新しいことをやっていこう!というパワーに満ち溢れております。


・・・


この話を聞いて、どうでしたか?


「へー」とか、

「私は違う言葉を選ぶな」とか、「その話興味あり!」とか、「俺は決断、超得意」とか、


聞いて人はいろんなことを感じ、自分を振り返り、自分の考えが生まれていくわけです。

人の話を聞くことで、考えが生まれる。そんなワークでした。


☺ ☺ ☺ ☺ ☺